2012年11月17日

木と森

ちょくちょくとうちのいちご園にも
イチゴを見学させて下さい♪と、農業に興味を持っている方、
仕事にしている方々がお見えになります。

このいちご達、春から苗を育て、暑い夏を乗り切り、9月にいちご畑に植え込み
今、まさに花が咲き、12月には赤い果実が実ります。

毎日毎日、見ているとそれは愛着もわいてきます。
世間一般のいちご屋さんはこのように1年を通じていちご達と一緒に仕事をしています。

『ペットは飼い主に似てくる。*飼い主がペットに似てくる?』
という話はよく聞く話ですよね!
実は、いちごにもこの話は当てはまるんですよ!!!

いちご達の成長していく姿は、
その育てている農家さんの個性
「このいちごの株のかたちは、○○さんのいちごだよな」って感じ
もちろん、きっするふぁーむのいちごの姿は、僕のいちごですね

いちごを育て始めた農家さんが見えました
長い長いいちごの生育期間
いろいろ悩むこともいっぱいです。
僕もまだまだ分からないことだらけ・・・
ちょっとだけ、先輩の僕からアドバイスは

1株を見ているつもりで全体のいちご畑を見て
全体を見ているつもりで1株、1株を見ます。
つまり
木は森を作り、森は木を育てる

うん?
よくわからねぇ?

そんな、ちょっと上手に気を抜くことが、
コツなのかもしれません。




農業は、哲学だ!!!
posted by smileseed at 20:43| Comment(0) | モブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。